カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/13 (Wed) 15:46
そうか、ループか

新型ウィルス
ループしているうちに強毒性を獲得するということは、こういうわけか。
了解した。

こりゃあ秋以降は地獄かもしれませんぜ。この辺の勉強を国民に徹底させるのは難しいね。
まだ日本はマシだと思うけど。
スポンサーサイト

2009/04/22 (Wed) 23:10
麻生政権まとめ

もうすぐ解散総選挙だそうで。
ここいらで一つまとめておこうか。


2009/04/18 (Sat) 17:44
経済学

見放される経済学
このままでは不要となるのは間違いないです。そもそも経済を学問として捉えること自体が間違っていると私は考えます。この記事にもあるとおり、他の学問と比較すると明白になるのですが、経済には他と決定的に違うポイントがあるのです。

生きていく上で絶対的に必要ではない
自然界での理屈が何一つ礎にならない

要は神仏論などと一緒です。でも、ある意味神仏などよりも自然界とは遠いと思います。
つまり、極端な話、物事の真理が「人間(が創造したもの)が中心」なのです。だから答えが出ない。医学は自然ですよね。神の存在も生物としては至極当然の思考かもしれません。言語に関するのも、人間が生きていく上で必要不可欠だから、やはり自然に帰依します。
でも、経済はそうじゃない。しかも、生活の安定を前提としているのに、一部の不心得者が歪ませて不当な利益を生み出すことにしか使われていない。
それでは、非経済人から見放されるのも時間の問題です。経済は人間が生きていく上でのツールに過ぎません。ところが今は世界中で経済が一番上。おかしいです。西洋人。
ものづくりが産業の、生活の基礎です。経済なんて下の下。弁護士などもそうですが、何故非生産的な下卑たものほど格が上なのかな。教師や報道などの人に教える仕事や医師などはもっと優遇されて良いはずなのに。

やっぱり、この世の中は

口が上手いヤツが楽に生きれる

わけですね。嫌だ嫌だ。

2009/04/11 (Sat) 01:12
ひゃっほー!

どうやら、ジンバブエがとうとうデフレ…というか、ウルトラインフレが落ち着いたようです!
ランケンさんに書いてありました。ゴイスー! どこかで止まるものですねw。良かった良かった。

次はアメリカの番ですお。

という記事を読む前に、よっくんさんのところで次期基軸通貨候補に「リンデンドル」「ジンバブエドル」を入れておきました。虫の知らせだったのでしょうか。
というかセカンドライフは今…wwwwwwwwwwwwwwwwww。

2009/03/17 (Tue) 12:51
ろばやん

ロバート・キヨサキ

完全に人の土俵でものを語っていますが、やまはくんさんのブログにあるくまうしさんのコメントから興味深いリンクを勝手に拝借しましたw。

私は経済学、学者に対して不信感を持っていました。こいつらまとめてバカじゃないのか、と。
で、実際に今はこういう大変なことになっているわけで、私の目はあながち間違ってはいないようです。

何故、そう思っていたのか。私はド素人ですけど、玄人相手に何故そう決め付けたのか。
結局、お金の起源は物々交換まで遡ります。
あくまでもそれだけ。大きな観点からすれば差し引きゼロなのです。木の実を採ろうが、魚を採ろうが、生きていく上で大事なものは地球規模からすれば、一時的に人間のものになっただけであって、あくまで差し引きゼロなのです。

細かいところは割愛しますけど、数式で表す限り左辺はどんなに複雑で一見大きな項があろうとも、レバレッジを掛けたものがあろうとも、右辺は驚くなかれ「1」なのです。1は地球。これだけ膨れ上がった人類の資産は、元を正せば一個の貝殻なのです…って、これは極端すぎか。これを忘れてはいけません。でも、デリバティブだの、信用だの、CDSだのっておかしな話。やっぱり信用という道具を使って泡を創っているだけなんですね。大いなる泡を。その泡は砂糖が含まれていて壊れにくかったり、水っぽくて小さいまま直ぐに弾けたりするわけで。

人間の一時的な取り分というのが、技術の進歩で、実はクロレラが大量生産が可能で食料に転用できたり、キャベツやナスのように美味しい野菜を作れるようになったり、深いところから珍しい鉱石や燃える水がいっぱい採れるようになっただけで、「1」の項目のうちの占める割合を増やせたことに過ぎないのです。そういう意味では人類の財産は増えたわけですけど、世界で流通しているお金はそれ以上に膨らむ一方。「現物/お金」は低下…確かにインフレもいいところですね。国として年2-3%の物価上昇は望ましい…少しずれているけど、多くの人間を一元化で管理するには、ちょうど良い目安だったのかもしれません。
この場合は暴走しかねない金融を欧州のように規制かけないと。アメリカがジンバブエ化してしまう前にね。先程のコラムを読んでアメリカが規制に踏み込まない理由が分かりました。


まぁ、おじさんから言わせれば、「全員日本人を見習えクソヤロウ共が!」で終わりですけどね。
日本人は何かを作ってないと気が済まないようなので(笑)。日本アトム化計画
やっぱり世界は日本が正してあげないといけません(あぶねーw)。でも、モノがモノとして残る以上、それはやって価値があること。金融は何も残らないのが問題なのです。

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。