カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/18 (Sat) 17:44
経済学

見放される経済学
このままでは不要となるのは間違いないです。そもそも経済を学問として捉えること自体が間違っていると私は考えます。この記事にもあるとおり、他の学問と比較すると明白になるのですが、経済には他と決定的に違うポイントがあるのです。

生きていく上で絶対的に必要ではない
自然界での理屈が何一つ礎にならない

要は神仏論などと一緒です。でも、ある意味神仏などよりも自然界とは遠いと思います。
つまり、極端な話、物事の真理が「人間(が創造したもの)が中心」なのです。だから答えが出ない。医学は自然ですよね。神の存在も生物としては至極当然の思考かもしれません。言語に関するのも、人間が生きていく上で必要不可欠だから、やはり自然に帰依します。
でも、経済はそうじゃない。しかも、生活の安定を前提としているのに、一部の不心得者が歪ませて不当な利益を生み出すことにしか使われていない。
それでは、非経済人から見放されるのも時間の問題です。経済は人間が生きていく上でのツールに過ぎません。ところが今は世界中で経済が一番上。おかしいです。西洋人。
ものづくりが産業の、生活の基礎です。経済なんて下の下。弁護士などもそうですが、何故非生産的な下卑たものほど格が上なのかな。教師や報道などの人に教える仕事や医師などはもっと優遇されて良いはずなのに。

やっぱり、この世の中は

口が上手いヤツが楽に生きれる

わけですね。嫌だ嫌だ。
スポンサーサイト

<< 今週のランドさん | ホーム | はい >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。