カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/09/02 (Wed) 13:30
動くとき

チャートを見れば分かりますが、動きとはだいたいこんな感じです。

【結果1】
ポン円が一日に5円下げた
【分析1】
チャートを追ったら、だいたい7.5円分下げた
⇒下げが7.5円、上げが2.5円の結果5円下にいた
【実践1】
売りと買いを見極めれば、合計10円分の値動きだった

ということです。まぁ、欲張ると往復びんた炸裂で儲けが出なかったなんてこともありますが(笑)。
びんたはチチビンタがいいです。ニキータ。

【結果2】
ポン円が3日で5円上げた
【分析2】
チャートを追ったら、だいたい10円分上げた
⇒上げが15円、下げが10円の結果5円上にいた
【実践2】
買いと売りを見極めれば、合計25円分の値動きだった

総じて上げる相場の方が動きが緩慢なだけに長くなりますね。
得なのは上げ相場!
といいたいところですが、ここで言う上げは世間一般的にプラスワの方向を指します。
つまり、「持っていればスワップが…」という甘い声につられ、細かく動く人は少ないです。
しかも、動きが緩慢ということは、スプレッドコストを埋められない小さな動きも多数含まれているので、細かく動くことは逆に損となります。
また、一日あたりでは下げが有利です。しかも、相場にさらす時間は圧倒的に短い。
リスクというのは、資金管理の度合いと資金を相場にさらしている時間の総和です。
あらゆる面で下げ相場を狙う方が有利と言えるでしょう。
スポンサーサイト

<< おや | ホーム | 何をやっても >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。