カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/09/08 (Tue) 09:42
報道より

ブレントン・ウッズ体制でしたっけ? 名前合ってますか?
その現代版を国連は望んでいる…と報道されました。

理由は米国の巨大な債務が元で世界が求めるレートを提示できないとかで、やはり中国とロシアが強烈に言ってきた感じです。


こりゃあ、話がここまで出ちゃったからクロス円の上昇は無理。旨味が無さすぎ。
ドルは売りましょう。ユーロもとっくに使えない烙印は押されているので…買うにしてもユロドルロングが限界。というよりも、ハードカレンシーを売って、マイナーで資源のある国の通貨を買うべきではないでしょうか。
メジャーどころでは円だけかな、買えるのは。
スポンサーサイト

<< さっきの話は | ホーム | ぬわ… >>

コメント

あとは教授にお任せします(笑)。

今回のはかなりリキが入った案のようで、おっしゃるように背後には、ロシア・中国、そしてEUがいるようです。
案を作った理事は、元ドイツ財務省事務次官。
この人についてもう少し調べてみます。

これって、誰かが何かを誰かに言わせてるって感じがすごくするんですが・・・
んま、後は市場がどう反応するか。
反応しないという反応もありますけどな。

その先がなかったのでイマイチ迫力に欠けましたな。まぁこの材料がなければユーロもこんなものかと。
ただ、ドルがヤバくなってきたのは間違いないですな。中国は上手くペースを配分して逃げ切れるのかしら?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。