カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/04 (Thu) 21:44
欧州の状況整理

欧州の情報は極端に入ってきませんが、ちょっとまとめておきましょう。

・東欧は既にデフォルトした国がある
・それらはIMF送りになって落ち着いたものの、根本的に未解決
・欧州と関わりの深いドバイがアボーン。とりあえず、目先の債務は解消
・ギリシャが危ない
・スペイン、ポルトガル、ウクライナもアウト
・ってゆーか、ドイツ(とフランス?)以外は全部危ない
・ECBが機能してない

結局のところ、最終的にはEUとして一つの国になるのも視野に入っていたはずなのに、それぞれの国の問題として対処しようとしているわけです。仮に中国が4つに分かれるとなったら、もう中国に魅力はないですよね? それと同じことじゃないかと。

このまま行けば、ドイツ脱退マルク復活でユーロ終了ですわ。そこまで見えています。今の投資家心理はまだまだ疑心暗鬼。少しでも綻びがあれば逃げますって。そんな状況で商品もへったくれもないと思いますが、アメリカには欧州の問題は関係ないから上がる可能性も高いわけで。

…とまぁ、そんな風に見ていますが如何でしょうか。平和的に経済の力で成し遂げようとしていた夢をユーロ圏の幹部は叩き壊そうとしてくれています。ありがとうありがとう。


もしかすると、こうやってわざと信用不安を煽ってユーロ安へ誘導しようとしているかもしれません。
スポンサーサイト

<< 出口戦略 | ホーム | ??? >>

コメント

んま、しばらくはユーロ安トレンドなんでしょうな。
とりあえず、目先どころで今月下旬までは間違いなさそうな匂いが・・・・

意図的な誘導はありえますね。
[ベルリン 4日 ロイター] ドイツ財務省は4日発表した安定化プログラムに関する最新リポートで、同国の今年の公的債務が対国内総生産(GDP)比76.5%となり、2013年には82%に達するとの見通しを示した。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。