カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/18 (Thu) 02:52
もうちょっと楽しもうぜ!

・米中間で人民元切り下げの話
・イタリアがデリバティブで債務のごまかし疑惑

ちょ…www。一気に本丸へ攻め込みますかwww。
かなり本気でしょ、ユーロ売りに舵を切っている連中は。ギリシャ問題は解決への一歩すら踏み込んでいませんし(昨日のは単なるドル安に近いニュアンス)。やはりユーロ売りポジションで。

・ユロ円ショート…一番利幅が出る可能性が高いがリスクも高い
・ユロドルショート…ドルの弱さは恐怖だが、逆に逝かれる時は明確。普通に利幅重視ならコレ。リスクコントロールをしやすい。
・ユロポンショート…現時点ではドルよりもリスクが高いポンドだが、同地域通貨ペアだけあって、逆に大きく振られにくいメリットあり。
・ユロジーショート…スワップも取りたい欲張りさん向け。信用不安まで発生するとユーロ以上にオージーが売られるが、ファンダからすれば中国が持ちこたえているうちは大丈夫のはず。利幅もそこそこかと。


ちなみに、ドイツもオランダもユーロから抜けてしまった方が良いと考えている国民が相当いるみたいですよ。予想どおり。現地で生活している人々の気持ちになれば、すぐに分かりますね。
たかだか通貨ごときで、生活基盤がガタガタになるのはやってられません。ましてや他国の債務で被害は受けたくないのは当たり前でしょう。
スポンサーサイト

<< ドイツなら | ホーム | 逆転! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。