カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/19 (Fri) 19:52
予想より早く

アメリカは公定歩合を0.25%引き上げ。近いうちにやるかな…とは思っていましたが、前兆はほとんどなく、大概の人はハートがズッキュンになったわけです。

ただ、指標がそこそこ良いものが続いてはいたものの、せめてあと一月待たなかったのは謎であります。市場と対話しないのは珍しいでしょ。しかも、この後の利上げは自重気味。

まぁ、まず出口戦略がいかに本気なのか、知らしめる目的が一点。あとは、何かと伸びないマネーサプライ絡みでしょう。ボルカー規制もたぶんモノホン。インチキ銀行連中に静かなる脅しです。

近々、決算や償還などの期日を待って、中国とダウあたりから猛烈な資金引き上げが待っているかもしれません。国内にドルを回すか、銀行の免許を返上するか…の2択ですからね。遅くとも4月が始まるまででしょうか。

状況が変わるまで安易なドル売りは死亡フラグが立ちやすいかも。


あとは、アメリカが自国の金利高や通貨高でやられないのか…という部分が謎です。切札があるのかしら? このとてつもないリスクを取ってまで毅然とした態度に出たのは、金融規制と中国への対応でしょう。
スポンサーサイト

<< 今夜の注目ポイント | ホーム | しっかし >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。