カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/08 (Mon) 09:27
大切なこと

私たちが子供の頃、

人の命は地球より重い

と習ったかと思います。私はこれが大嫌いで。金は人の命より軽いですが、地球より重いなんてことはありません。まぁモノの喩えなのでしょうが、こんなことを言おうものなら変なレッテルを貼られて終了でした。そもそも、そのコアについて議論することすら許されないのが日本の悪しき風潮みたいなものがありました。現代はまず話すところから始めようみたいな流れになっていると思います。

日本の借金についても同じことで、借金→悪→日本が潰れる…という結論ありきの議論が主流でしたが、今は違います。すぐに待ったをかける人がいて、それに耳を傾ける受け皿ができていますからね。結論は色々あって然るべきです。特に経済の世界では。


でまぁ、日本というのは産業構造、勤務体系からして異端です。海外の国家のモデルケースを真似て、等しく成功するとは到底思えません。それを考えれば日本の国債が持つ意味合いなんて違うことであることくらい、経済を深く学んでいる方なら分かっていて然るべきでしょう。

自分も国の借金は減らさずにいて良いわけはないと考えますが、当面は海外に比べ遥かにマシです。ただ、サブプラを機にして真剣に話し合いが進んでいるのは間違いなく正しいこと。あとは結論だけですね。

でも、ここまでくれば大丈夫。銀行の運用先が安全確実な日本国債しかなかったわけですから、それに代わる魅力的な投資先を作ればいいだけ。問題は巨大な利権が生まれるだけに、その管理と運営ですな。


とりあえず、国債の一部をその投資先に対しての証券に変えちゃえば良くないかしら。1割でも相当な額になるし、その分借金も減るし。


円の性質は非常時には買われて、平常時は売られる存在で構わないと思いますよ。仮に南アフリカの金利が0.05%になって、今後100年異常な低金利が約束されても、ランドキャリーする気になるかと言われても、私は一切しませんし。たぶん、そういうものです(笑)。
スポンサーサイト

<< 何故なのか? | ホーム | 上のストップ >>

コメント

こんなもんはある時払いの催促なしが暗黙の了解である種税金の類いでしょう。個人向け国債なんてさっさとやめればいいと思いますよ。

そういや個人向け国債の販売へ傾いた顛末も今から思えば謎ですね。しかし、何故経済の本質が謎なのかが謎なんですけど、どうしてですか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。