カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Yahoo!ニュース

リンク

RSSフィード

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/01 (Sun) 19:47
トルコリラで…

現在、三大高金利通貨は、南アランドにアイスランドクローナ、そしてトルコリラですが、ここにきて、ランドがかなり危険信号が点ってきています。朱色くらいのレベルでしょうか。
引き締めを繰り返せども、物価は上がり続け、さらに金利を上げなくてはならない雰囲気です。
確かに、今年いっぱいは世界中が金利を上げる方向に向かうと思います。
でも、ランドのそれはちょっと危ない感じ。こっちの方から崩れるかもしれませんね。

というわけで、これらの中で何を買い続けるかと言われたら、去年の今頃は一番ないと思っていたトルコリラになりました。消去法的ですけど。
より安全性を重視するなら、オセアニアとかブラジルレアルとか。メキシコペソも7.25%ですね。
大体5%台あれば充分と言えます。

それも欲張って、自分が扱えるペアの中で一番スワップが高いのはEUR/TRY。
1枚で500円オーバーの世界です。値動きはポンド円くらいで、まぁトルコの持つ地政学リスクと将来EUに加盟してユーロ採用したい意向を除けば、ポンドを買うよりもはるかにマシ。そして、トルコの動くクセは米ドルに近い感じでしょう。
ともかくこの500円の世界は凄まじく、ヒロセのLionで1ぺリカ、初期保証金10000円、月に1万円追加、レバ3倍で運用しても、17年とちょっとで1億円を超えます。
アホみたいです。

…やってみますかね。これ(笑)。ちなみに、最終的に全部吹っ飛んでも総投資額は200万と少し。
これならダメ元でもいいですね。
資金に余裕が出てきたら、ユーロドルロングでヘッジをかます(プラススワップの間は純粋なリスクヘッジ)か、下げ相場ではポン円ショートで追いかける(逆ベクトルのアクティブなヘッジ)か…。
また、本当に2020年付近からユーロ採用のリスク(どうも金利を徐々に下げて、レートをユーロに近づける動きになる模様…リスクといえないようなw)もあるので、折を見てオージー円を建てていく方針もアリかと思います。
スポンサーサイト

<< どちらかというと | ホーム | 単純売買0530 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。